飲み物なら摂取しやすい!葉酸が多く含まれる飲み物とは

妊婦さんと葉酸の関係

厚生労働省は妊娠の可能性がある女性は1日400μg以上の葉酸を健康補助食品などから摂取するように推奨しています。

葉酸を1日400μg以上摂取していると、胎児の神経管閉鎖障害の危険性を減らすことができます。

葉酸はDNAやRNAの合成にかかわっていて、活発に成長する胎児は多くの葉酸を必要としています。

お母さんが食べたものの栄養が胎児に与えられるため、お母さんが栄養の摂取に気をつける必要があるのです。

葉酸を多く含む飲み物

葉酸は野菜やレバーなどに多く含まれているのですが、妊娠中はつわりがひどくて食べられないことがあると思います。

そんなときでも飲み物なら摂取しやすいのではないでしょうか。

飲み物で葉酸を多く含んでいるのはミルミルSです。

ミルミルS1本には、葉酸が240μg含まれています。妊婦さんが不足しやすい鉄分やカルシウムなども摂取できます。

玉露のお茶も葉酸が多い飲み物で、100gあたり150μgの葉酸が含まれています。

しかし、緑茶はカフェインが多いので妊娠中は摂取を控えた方がよいでしょう。

イチゴ100gには90μgの葉酸が含まれていて、イチゴをそのまま使ったジュースなら葉酸を摂取できます。

生で食べるよりもジュースにした方が摂取しやすいでしょう。

葉酸は水に溶けやすく熱に弱い性質がありますが、手作りのイチごジュースなら葉酸の損失が少なく効率的に摂取できます。

調整豆乳には1本あたり約60μg、無調整豆乳には1本あたり約55μgの葉酸が含まれています。

大豆には大豆イソフラボンが含まれているので、大豆イソフラボンの過剰摂取にならないように気をつけましょう。

1日1~2本程度なら過剰にはなりません。

葉酸摂取の注意点

ミルミルSなら1日2本飲むと妊婦さんが必要とする葉酸を摂取できますが、豆乳やイチゴジュースだけで1日に必要とする葉酸を摂取することは難しいです。

葉酸を十分な量摂取できないときには、サプリメントの利用を考えてみてください。

妊婦さんには葉酸サプリがおすすめ、ではその選び方は?

女性には、葉酸が大事な栄養素だと今では皆さん知っていることです。

身体を作ってくれる栄養素だから、積極的に摂りたいものですね。

ましてや妊婦さんの場合、赤ちゃんの身体を作っていくのですから、必須の栄養素と言えます。

出来ればサプリでなく食事で摂りたい

どんな栄養素でも、できれば食事で摂取したいのは当たり前のことです。

しかし食べ物からの摂取が難しい場合もないではありません。

葉酸は水に溶けやすく熱にも弱いので、調理に気をつける必要があります。

ちょっと一手間かければいいのですが、妊娠中にそれも中々きついものがあります。

加えて妊婦さんの場合は、つわりとも戦っているのですから、このつわりが葉酸を含んでいる食品にヒットしてしまったら、とても食べられるものではありません。

食事というのは無理して食べても、身になるものではないのです。

葉酸サプリで葉酸を摂取

なのでサプリがお役立ちになるということです。

特に食べ物からの摂取の場合、身体にいいからと食べ過ぎたりしてしまいがちですが、サプリなら分量も決められています。

指定された分量を越えずに飲んでいれば、充分にそして必要な葉酸が摂取できるわけです。

逆を言えばサプリの場合、指定された分量以上を飲んではいけないということになりますね。

そこだけは気をつけておきましょう。

葉酸サプリの選び方は?

何のサプリでも同じですが、天然の素材で作られたものと言われると、そちらのほうが良いような感じがします。

葉酸サプリにも、天然葉酸のものと合成葉酸のものがあります。

実は天然の葉酸は身体に溜まりにくく排出されやすいという欠点があるのです。

合成葉酸はその欠点を補ってくれているのです。

この合成葉酸にも実は、2つの種類があります。

普通の合成葉酸と、葉酸含有酵母の2つです。

葉酸含有酵母は、合成葉酸を酵母に取り入れたもので、酵母のおかげで体内でも活用出来る葉酸だけが含まれています。

非常に身体への吸収率が高いのが特徴です。

こちらを選ぶのがおすすめですが、難点を言えばお値段が少々高いということですね。

でも妊婦さんの身体のために、効率的に葉酸を摂取するのには、この葉酸含有酵母がおすすめなのも事実です。